HOME > 飲食店の導入事例

飲食店において大切なことは、注文していただいた商品をまたせることが無いように、
ご提供するスピードが大切です。特にファーストフードでは最重要視されています。
正確でスピーディなオペレーションが実現可能なPOSシステムの導入を検討。
特に導入のポイントとしていただいていたのは、
飲食店の中でもファーストフード業態特有の
運用であるドライブスルー、調理マニュアル、レジへの対応でした。
また今後、多店舗化を目指しておられ、多店舗化に対応できるシステムであるということも
導入目的のひとつに挙げられています。
数社から、新しい飲食店向けシステム提案や商品デモを行ってもらい、
慎重に比較・検討を重ねました。
結果、ファーストフードという業態特有の運用を標準パッケージの機能でカバーしている
POSシステムであることや、大手ファーストフードでの実績や
ノウハウがあることが選定の大きな要因となり導入にいたりました。

飲食店向けPOSシステムの導入決定から2ヶ月という非常にタイトなスケジュールで実現。
通常業務での正確でスピーディな店舗オペレーションを実現するという当初の目的も達成。
繁忙時のドライブスルーで1時間に60台のお客様を対応できたことが、
POSシステムの導入効果を最も強く実感。
レジ業務でもスタッフ個人の能力に頼らず、注文頂いた商品を最もお得なセットに
計算するシステムをレジに導入により、スタッフの社員教育の簡略化にも繋がった。
POSシステムで本来見込める生産性向上と提供時間の短縮につながっているという点、
加えて24時間営業店舗でもPOSレジを止めずに精算業務を行える点も実現。
今後も中期的に多店舗化の目標に対しても、
販売管理システムやPOSレジに蓄積されたデータは
業務の効率化や提供サービスの向上に繋がっていくと考えられます。
飲食店に限らず売上げのデータを購入層や天候その他多くのデータと合わせて記録しておく事により、
単に人件費や工数を削減みならず、
各店舗ないし企業全体のマーケティング戦略にも大きな変化をもたらしました。

以前使用していたレジスター型の飲食店向けのPOSオーダーシステムが老朽化。 また、他の顧客管理や受発注管理機能もPOSレジに搭載されていた為、 故障時などはレジ機能だけではなく全ての機能が使えなくなるというリスクを抱えていた。 これらの問題を改善し、より良いサービスを提供する為に、新しい飲食店向けPOSシステムを検討。

新システム導入のポイントは、飲食店の営業を止めない安定した稼動が出来るシステム。 ポスレジの入力の簡素化により従業員やアルバイトの業務効率や負担軽減、 さらにアルバイトの業務経験に左右されない均一したサービスが提供できる、 使いやすいオーダーシステムの導入。

飲食店向けなので、新メニューの導入作業が、本社のPOSシステムから 自動配信できるようになっておりメニュー登録作業が大幅に省略化された。 以前は売り上げ情報を、POSレジで管理していた為、閑散時や業務終了後にしか 確認できなかったがリアルタイムで確認できるポスレジシステムが実現された。 季節ごとのキャンペーンの効果や時間帯別の売り上げ情報なども、 随時把握することが出来るので、店舗運営に役立っています。 飲食店向けのポスレジにより、オーダーの入力業務の短縮やレジでの決済時間の短縮も実現された。

menuTOP

  • ホーム
  • 比較のポイント
  • POS業者の選び方
  • POSお手軽導入
  • 飲食店
  • 美容室