HOME > POSシステムって?

POSシステムとは、販売時点での情報を集計し、売上げの状況や在庫の管理、 更には以後のマーケティング活動に役立つデータを収集する事が可能になるシステムです。 「point of sales」の頭文字をとったもので、日本語では「販売時点情報管理」と訳されます。

POSシステムとは、単なるレジスターとは異なります。
どの商品が、どれだけ、いつ、いくらで売れたかといった
緻密な売上げ管理が出来るようになり、

自社のニーズに合致したPOSシステムの導入は、経営上も重要になってきます。
また、例えば天候と照らし合わせて売上げの多寡を観察する、
購入者層の年齢や性別と売上げの結果を照らし合わせるなど、
売上げ以外の他の様々なデータとの照会を通じた分析も可能になります。

是非、貴方のニーズに合ったポスレジを有効活用して、
売上げ管理やマーケティング戦略などに活かして頂ければと思います。

ポスとはどのようなものなのでしょう? POSシステムの代表的な利用場面は、スーパーやコンビニなどでのポスレジです。 一見するとポスレジは金銭を管理する機械ですが単にお金の管理だけをするレジスターではありません。 レジでの金銭管理と共に入力された顧客情報や天気、 購入した時間帯などの情報はPOSシステムと呼ばれるシステムで一元化することが出来ます。

上記であげたスーパーやコンビニでは本社などで一括して管理し店舗別の売り上げ状況や
売れ行きの良い商品、利用率など様々な情報を取りまとめ管理することで仕入れや
販売戦略など様々な業務に応用することが出来ます。
例えば、どの商品をどのようなお客さまが購入しているかや、
在庫状況、受発注状況など品揃えのモニタリング、
またそれらの過去のデータが蓄積されていきます。
こういった情報を元に季節ごとの売れ筋の商品が分かったり、
この地域でより好まれている商品を届けられたり店員の経験や
感覚に頼らない過去の実績から対応することが出来ます。
POSシステムとは、このように一人のお客様に商品を販売した際の
情報から細かい分析を通して、よりお客様に喜ばれるサービスを提供することに
繋げられると事が最大の利点です。
また在庫の管理においても、商品をポスレジで読み込み、
在庫状況と連動するPOSシステムは、
在庫状況を自動で予測しさらに自動で発注データを作成することも可能です。

もし、これらの作業を店舗のアルバイトや店員が手作業で行うとしたら、
かなりの業務負担が発生することは間違いありません。
それだけではなく、レジの入力ミスなどの人為的なミスは必ずついて回ります、
不要な在庫を抱えたり、発注タイミングのミスなども考えられます。
ポスレジの導入によりこれらの業務改善もスムーズに行うことも可能です。
POSとは何か、ご理解を深めていただけたでしょうか?

menuTOP

  • ホーム
  • 比較のポイント
  • POS業者の選び方
  • POSお手軽導入
  • 飲食店
  • 美容室